Profile

Takashi Nakazato born in Asakusa,
Tokyo is a multi-percussionist specializing in various musical genres.
He has performed with numerous well-known artists throughout his career, as well as performing with “The Lion King, The Musical” for five years.
Nakazato has toured most of Europe and Asia with the Jaribu Afrobeat Orchestra, Jazztronik, Fried Pride(Tokyo Jazz Festival etc) Kyoto Jazz Massive(North Sea Jazz Festival,Tokyo Crossover Jazz Festival etc) and toured China with the Online Game Orchestra (Ro Legend.2016)
He also toured Japan with famed pianist, Yukie Nishimura and toured Mala In Cuba.
He was the only Japanese percussionist to be hired for the gig.
Takashi studied for a long while in Cuban, learning Cuban folklore and Bata under the wing of greats like Adonis Panter Calderon, Barbaro Yordany Crespo Richard(Osain Del Monte) and Angel Boraño.
He studied the Conga drum under Tomas “El Panga” Ramos, Edger Martinez and Joaquin Pozo. His timbal mentor was Juan Carlos Rojas.
He made santo, Obatala, while in Cuba.
Nakazato has his own fusion band, Piecework, and is also a member of 10 piece percussion group, Orquesta Nadge! Nadge! and Ayumigos(Japanese and Cuban members of Latin Jazz).
Nakazato released his first album “Clandestina,” which included guests Luisito Quintero, Robert Quintero, Calixto Oviedo, Karl Vanden Bossche and Olí Savill.
Nakazato runs “Takashi Nakazato Percussion School” in Tokyo and has developed a large number of students.
His percussion instruction book & DVD was published in 2014.

 

中里たかし(Percussion) 
東京、浅草生まれ
23才の時フュージョンバンド(Piecework現在活動中)で”PlayBoy Jazz Festival” のコンテストにて3 位入賞で前座を飾る。その後、滝本博之トリオ(新宿Pit-Inn)で本格デビュー。
JAZZTRONIK を2002 年からサポートし国内、海外ツアー(ロンドン、ニューヨーク、エジンバラ、ローマ、スロバキア、クロアチア、東京Jazz、情熱大陸、福岡サンセット etc..)
Kyoto Jazz MassiveでLondon,Amsterdam (North Sea Jazz Festival),Hungary、ウィーン(Birdland) カザフスタン、Tokyo Crossover Jazz Festival etc..
Fried Prideで国内、韓国、東京 Jazz、斑尾ジャズ、渋谷Club Quartro公演はDVD でもリリースされている。ピアニスト西村由紀江との全国ツアー。
イギリスのクリエイター Mala In Cuba Tourで唯一日本人としてサポート。
タップダンサー熊谷和徳Tappers Riot(青山円形劇場)、Club系バンドTrance Of Life,「Foi Voce/Delight Earth」が米NY のNite Grooves より全世界リリース
そして今年満を持して日本と海外のミュージシャンと1stソロアルバムClandestinaをリリース。Cuban musicをベースにJazz,Funk,Rock等、様々なテイストを掛け合わせ変幻自在に繰り広げる。
2016年日本唯一の本格アフロビートバンドJariBu Afrobeat Arkestra に加入しフランス(パリ、ナント、サンマルクシュルメール)スペイン(バルセロナ、マドリッド、サンタンデール)ツアーを成功させる。
自己のグループやフュージョンバンド Pieceworkそしてドラマー芳垣安洋率いる10人のパーカッショングループOrquesta Nadge! Nadge! でFuji Rock、東京Jazz、On Air East。日本人とキューバ人の混合ラテンジャズバンドAyumigos,トロンバンガスタイルラテンジャズバンド Las Margaritasなどその他ライブ、レコーディングなどで活動中。
Takashi Nakazato Percussion Schoolも開講しており後進の育成にも精力を注いでいる。
パーカッション入門(教則本、島村楽器)も発売中。
自身もPercssion追求のため毎年Cubaに修行に行って様々なミュージシャンたちと交流を続けている。Santeríaにも入信(Obataláが父)
バタドラムをAdonis Panter Calderon, Barbaro Yordany Crespo Richard(Osain Del Monte) and Angel Boraño、コンガをTomas “El Panga” Ramos, Edger MartinezとJoaquin Pozo、テインバレスを Juan Carlos Rojasそして日本ではヤヒロトモヒロ氏に師事。
他共演アーティスト。
BLOID、田村直美、菅原信介、三山ひろし、豊崎愛生、松下奈緒、Mari Koga(古賀マリ)、葉加瀬太郎、やまもときょうこ、Naoto、ナオトインティライミ、藤田恵美、宇崎竜童、中島美嘉、大黒麻季、山崎まさよし、島谷ひとみ、桑山哲也、為岡そのみ、沖野修也、Cro-Magnon、Root Soul、和田アキ子、hiro(SPEED)、SMAP、福原美穂、Monday Michiru、青木カレン、唐沢美穂、多和田えみ、Soffet、TRF、AAA、溝口肇、IsabelleAntena、川口大輔、森大輔、嶋野百恵、劇団四季Lion King、有馬徹ノーチェクバーナ、坂本冬実、香西かおり、舟木一夫、ビリーバンバン、小椋圭(ミュージカル)、その他TV 、サントラ、 CM、 Game Musicなど多岐にわたる。